BSL-48珠光会クリニックは「がん」の再発予防から治療まで、人間が本来備えている免疫力を最大限に生かす医療を行っています。

ハスミワクチン

  • HOME »
  • ハスミワクチン

ハスミワクチンとは

ハスミワクチンは1948年、故蓮見喜一郎博士により、がんウィルス学説に基づいて開発されました。開発から遡ること17年前、1931年哺乳類においてウィルスが原因とされるがんが見つかり、人のがんにおいてもウィルス説を着想し、がんワクチンの研究に着手しました。

そのウィルスが人に対し感染の形態をとるのか、あるいは、既に正常遺伝子に組み込まれており、それがあるきっかけで形質として発現するかは別にして、がんにはその細胞膜表面に正常細胞にはない特異抗原が存在すると予測しました。そこで、がんの細胞膜より特異抗原を抽出し、アジュバント(免疫賦活剤)とともに投与することで、がんの治療が可能だと考えたのです。

以来、現在に至るまで、他人由来の膜抗原を一般ワクチン、患者さま由来の抗原を自家ワクチンとして、体内の免疫が、がん細胞を非自己のものと捉え、排除に働くように考えたのがハスミワクチンの理論です。

その主たる作用は、低下したリンパ球の機能を正常化させることです。また、リンパ球を武装化させる作用はアジュバント(免疫賦活剤)が担っています。

体内のがん細胞を異物と認識し、排除する自己免疫力を高めるものですが、副作用はほとんどないことも特徴です。ハスミワクチンは、がんと診断をされた後、手術や抗がん剤、放射線治療による標準治療と併用することで体力を維持しながらがんの排除を行うこと、標準治療後はハスミワクチンによって普段の生活の中で再発予防をすること、あるいは既に病状が進行している場合、病状の進行を抑制することによる延命効果とQOL(生活の質)の向上に有用な治療です。

つまり、ハスミワクチンは、治療~予防まであらゆる病態の患者さまにご使用いただけます。

ハスミワクチンの使用目的と効果

● 手術、化学療法、放射線治療などの標準治療と併用することによる、体力維持しながらのがんの排除(抗がん剤、放射線治療による副作用の軽減)
● 標準治療後の再発予防
● 進行がんに対する延命効果
● QOL(生活の質:食欲増加、痛みの緩和、倦怠感の症状改善、体重増加など)の向上
● 遺伝や生活習慣によるがん予防
● がん5年生存率の向上

5年生存率

がんの5年生存率とは、がんと診断された後、5年後に生存している確率を示すもので、その施設の治療効果を示す一つの指標です。

ハスミワクチンを使用した患者さまと一般に公表されている5年生存率を比較すると、がんの種類によって違いはありますが、概ね15%~25%の向上が見られます。

ハスミワクチン胃がん5年生存率 ハスミワクチン乳がん5年生存率
※1990年~1997年 ハスミワクチン使用者857例から
病期分類がなされている62例を対象
※1990年~1997年 ハスミワクチン使用者824例から
病期分類がなされている212例を対象

 

ハスミワクチン肺がん5年生存率 ハスミワクチン子宮頚部がん5年生存率
 
※1990年~1997年 ハスミワクチン使用者1423例から
病期分類がなされている125例を対象
※1990年~1997年 ハスミワクチン使用者341例から
病期分類がなされている29例を対象

 

ハスミワクチン舌がん5年生存率 ハスミワクチン直腸がんの5年生存率
 
※1990年~2004年 ハスミワクチン使用者88例から
病期分類がなされている29例を対象
※1990~1998年 ハスミワクチン使用者429例から
病期分類がなされている39例を対象

 

ハスミワクチン結腸がんの5年生存率
 
※1990~1998年 ハスミワクチン使用者708例から
病期分類がなされている59例を対象

がん以外の病気に対する効果

ハスミワクチンに使用しているアジュバントは主に脂質により構成されていますが、2000年にメリーランド州立大学との共同研究結果から、”樹状細胞の成熟化を誘導している”という証明がなされました。また、アジュバントには抗アレルギーあるいは消炎作用などが認められ、自己免疫疾患などにも試験的に使用されています。

がん以外で効果が期待できる主な疾患
● 慢性関節リウマチ
● 喘息
● 尋常性乾癬
● アトピー性皮膚炎
● アレルギー性鼻炎
● 膠原病
● 糖尿病による合併症の予防

ハスミワクチンについて

ハスミワクチンは一般ワクチンと自家ワクチンの大きく分けて2種類に大別されます。共に5日毎の皮下注射が原則です。

一般ワクチン
一般ワクチンは他人由来の膜型抗原とアジュバントで構成されています。

自家ワクチン
自家ワクチンは患者様本人の尿から抗原を抽出し、一般ワクチンに加えて使用します。

 

アンプルタイプ

抗原とアジュバントをそれぞれ1本ずつ注射器で吸い、皮下に投与します。
基本的には医療機関での投与が原則です。

カートリッジタイプ

抗原とアジュバントがはじめから混ざっています。
インシュリン注射と同じように、自己注射が簡単に行えます。

外来受診ご希望の方へ
診察時間 月~金:9時~12時、13~15時
注射・投薬 月~金:9時~12時、13~17時

ハスミワクチンは患者さまの診断名や治療経過、現在の状態により種類が異なりますので、受診に際しましては、紹介状及び検査データ(血液検査、CT、MRI、PET-CT等)をご持参ください。紹介状を準備できない場合は、臨床診断名や病理診断名が書かれている資料でも構いません(例えば、手術を受ける時に説明を受けた書類 など)。

患者ご本人さまが症状や、その他の事情により当クリニックの外来を受診できない場合は、患者さまのご家族がご本人さまに代わって病状をお話していただくことでハスミワクチンの処方をすることができます。その際は、必ず紹介状(診断名の他に治療の経過や現在の状態がわかるもの)及び3ヶ月以内の検査データ(血液検査、CT、MRI、PET-CT等)をご持参ください。

費用について

当クリニックは自由診療機関です。健康保険は取り扱っておりませんのでご了承ください。
お支払は、各種クレジットカード、デビットカードもご利用いただけます。

初診料 10,800円
再診料 3,240円
一般ワクチン(アンプルタイプ) 20,736円~ / 月(6回分)
一般ワクチン(カートリッジタイプ) 27,864円~ / 月(6回分)
自家抗原作製費  116,640円 / 年(72回分)

その他、必要に応じ検査や治療を行った場合別途費用が発生します。

BSL-48珠光会クリニック

医療法人社団 珠光会
BSL-48珠光会クリニック

〒166-0001
東京都杉並区阿佐谷北1-44-6
TEL.03-3338-0710
◎診察時間/午前9:00~12:00
午後1:00~5:00
◆休診日/土・日・祝日

PAGETOP
Copyright © BSL-48珠光会クリニック All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.